3月6日「スポーツ新聞の日」1日1つおもしろ雑学【スポーツ新聞編・柳沢慎吾イラスト】

3月6日は「スポーツ新聞の日」

1946年(昭和21年)3月6日。日刊スポーツ新聞社が、日本初のスポーツ新聞「日刊スポーツ」を東京で創刊した日にちなんで制定された記念日です。

当時1万5千部発行された日刊スポーツは、あっという間に完売されたのだそう。

今では様々なスポーツ新聞を駅やコンビニで買うことができますよね。

そんな「スポーツ新聞の日」にちなんで、1日1つおもしろ雑学【スポーツ新聞編】★

日本初のスポーツ新聞の見出しとは?

スポーツ新聞は系統化されている

スポーツ新聞の朝刊と夕刊の違い

についてご紹介★

日本初のスポーツ新聞の見出しとは?

1946年に初めて創刊かれた日刊スポーツ★

日本で初めてのスポーツ新聞の見出しは

さあ、明るく朗らかにスポーツだ」でしたー。

なんとも勢いのある見出しですね★

戦後の苦しい日本をスポーツで元気づけるにふさわしい見出しです。

野球やホッケーなどのスポーツ選手のイラストが1面に大きく描かれていたそうですよー。

スポーツ新聞は系統化されている

スポーツ新聞は系統化されているのはご存知ですかね?

日刊スポーツは、朝日新聞社系列。

スポーツニッポンは、毎日新聞社系列。

サンケイスポーツは、産経新聞社系列。

デイリースポーツだけは地方新聞である神戸新聞社なんです★

また、東京スポーツはスポーツと名乗っていますがスポーツ新聞の部類ではなく、定義としては夕刊紙

夕刊フジ日刊フジも同様。

駅などのスタンド売前提で、会社員が出勤していない休日は休刊日となっています。

スポーツ新聞の朝刊と夕刊の違い

スポーツ新聞にも朝刊と夕刊を出す新聞社があります。

朝刊と夕刊の違いを簡単に説明★

スポーツのことが1面にくることが多いのが朝刊紙

政治や経済のことが1面にくることが多いのが夕刊紙

夕刊紙は内容も一般紙には載っていないセンセーショナルな内容が多いのだとかー。

まとめ(イラスト・柳沢慎吾)

いかがでしたか?

海外の人にとっては、日本の駅中などにおいて普通の新聞よりも、スポーツ新聞が多く並んでいることに驚きすら感じるそうです。

今は、携帯電話などでも容易に情報を得ることができる世の中★

しかし、新聞ならではの臨場感や表現力はこれまたいいものです。

たまには、新聞片手にコーヒーを飲むのも悪くないですね。

そんな「スポーツ新聞の日」3月6日生まれの芸能人

柳沢慎吾さんとスポーツ新聞とのコラボイラスト描いてみました★

いかがですか?

Happybirthday!!!

ブログランキング参加しています♪
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。