3月8日★ミツバチの日★ミツバチの知られざる切ない物語

  • 2020年3月8日
  • 2020年3月8日
  • 動物
  • 82view

3月8日★ミツバチの日★

ミツバチの事について調べてみましたー。

そしたら、ミツバチの切ないこと、切ないことー。

ハチは刺すと死ぬ?

「ハチは刺すと死ぬ」って聞いたことがありますか?

これは、ミツバチに限ることなんだとか。

ミツバチの針には返しがついていて、一度刺す抜けません。

ミツバチの産卵管は、針に毒を送り込む役目をもっているそうです。ミツバチは、針を刺すと自分の体を離すために、針を切り離すのだそうですが、なんと産卵管ごと離れてしまうー。産卵管は、体から離れた後も針に毒を送り続けるのです。

体の一部を失ったミツバチは、結果死んでしまうのだとか。せっかく切り離したのにー。

なんだか切ない…。

ミツバチと言えば、巣を作り、その中でたくさんのミツバチと女王バチがいるというイメージですが、ここにも切ないストーリー。

中にいるミツバチたちは、オスのハチたち。これは、生殖のためだけにいて、結婚の時期には数千匹にもなるそうです。しかし、このオスたちも、交尾を終えると生殖器を失い死んでしまうー。

しかも、ほとんどのオスたちが交尾もできず、時期が来ると追い出され、自身で食料を取ってこれないオスたちは、巣の外で息絶えるー。かわいそすぎるー。

ちなみに、女王バチは、一生のうちで何度も交尾をされ、産卵マシーン化し7年~8年は生きるのだそう。女王バチの針に返しはなく、何度も刺すことができるのだそうですが、女王バチは、一度巣を作ると巣から離れません。

ということは…。女王バチが針を再び使う時は、新しい女王バチに巣を承継する時ということになりますねー。

悲しい話ばかりしてきたので、明るい話を!

ハチミツ食べよう

ミツバチは働き者ですねー。おかげさまで私たちにも「ハチミツ」という恩恵を受けてます。はちみつには、数多くのビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素などが含まれていて、毎日の健康に嬉しい効果をもたらしたいます。 免疫力アップや生活習慣病予防、抗酸化作用、アンチエイジングなどが期待できます。 「腸活」には天然の生はちみつが最適だそうですよ。

あ。ちなみに「ハチミツの日」は「8月3日」です。

結局、守っていた巣までも、人間にとられてしまうなんて…。

あー。ミツバチよー。

ミツバチに感謝しながら、ハチミツ食べよー。

ブログランキング参加しています♪
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。