自転車通勤★雨を乗り切る必須アイテム(レインウェアの選び方)

こんにちは。

いよいよ梅雨が到来★

ジメジメー。今日もまた雨かーなんて、どんよりする日が続くのかー。

さて、梅雨と言えばそんな雨に悩まされる日々。

私は自転車通勤しています。

毎朝、雨予報となるとげんなりするのですが、皆さんはどのように通勤してますか?

自転車通勤13年★

近年は雨を乗り切るアイテムが定番化し、雨へのストレスがだいぶ軽減されています。

昔は自転車に「傘」のスタイルは当たり前でしたが、今は傘さし自転車道路交通法違反

見つかると5万円以下の罰金になってしまいます。

自転車に傘を固定するのも違反なんですって★

そんな今日は、私の通勤雨対策をご紹介★

是非、雨の日に自転車乗らなくちゃいけないあなたに知って欲しい!便利アイテム★

雨の日で強く生きていけるー。

参考にしていただけると嬉しいです。

レインウェアは雨の具合に合わせて選ぶ

雨の自転車に欠かすことのできないのは、レインウェア

レインウェアには大きく3つの種類があります。

オシャレなものも多いレインコート

丈が長くコート状になっている羽織るタイプのレインコート

ズボンはついていないので、長靴と合わせての使用となります。

ただし、これは自転車通勤にはちょっと不向き。

漕ぎにくいんですよー。

また、オシャレなものはフードがついていないタイプも多い。

電車通勤で徒歩で傘を差しつつスタイルであればいいのかもですが、正直傘させるなら要らないかなーというのが私の見解です。

歩く時に、大雨で傘だけでは…という方はどうぞ雨の日のオシャレをレインコートで楽しみましょう★

被るだけ携帯性に優れるレインポンチョ

頭から被るだけで、携帯性のも優れているレインポンチョ

ボタンをいちいち止めたり外したり、ズボンを脱いだりする必要性がないので、忙しいあなたにはピッタリ★

ちなみに私の必須アイテムの1つです。

本当に被るだけなので、脱ぎ着が簡単

ただし下からの折り返しがあり、強い雨や風には弱いです。

自転車漕ぎながら、めくれ上がる裾を何度も下げる始末www

長時間の雨や強い雨の日の自転車には通用しないー。

でも、大半の雨は乗り切ることができます。

大抵のポンチョは端がパチンと止めるタイプのものが数箇所ついている程度。

どこかに裾などを引っ掛けると外れる可能性もあるのでご注意を。

ちなみに、脱いだ後は自転車にかけて干しておくこともこのタイプであれば簡単。

もちろんハンガーにかけて干したい所ですが、自転車置き場でハンガーは使えないですもんねー。

体の動きを妨げないレインスーツ

いわゆるセパレートタイプレインウェアレインウェアレインスーツと呼ばれるもの。

体の動きを妨げず、広範囲のカバーが可能です。

レインポンチョでは防ぐことのできない雨や風の時にはこちらを★

脱ぎ着が面倒なのが難点。

また干す際は2つハンガーが必要になり、自転車にかけておくとか安易にはできません。

風が強い日などは飛ばされちゃいますよ。

ちなみに私も大雨対策として保管されています★

出番は少ないですが必須アイテムの1つです★

レインウェアを選ぶ時に妥協しないこと

レインウェアを選ぶ時に重要なことは、防水性速乾性

軽くて可愛いものもいっぱいあるのですが、自転車に乗る際はとにかく可愛らしさよりも機能性重視です。

行きも帰りも雨ーなんて時は、濡れたレインウェアを再び着なくてはなりません。

きちんと乾燥させることが出来る場所でレインウェアを干すことができればいいですが、外に自転車と共に帰りを待つというシチュエーションでは、なかなか乾きにくいのが現実です。

多少お値段がはっても、防水性速乾性に優れた素材のものを選びましょう★

簡易的でいいのは、野外ライブやレジャーなど頻度が少ないものに限ります。

自転車通勤となると雨とのお付き合いは長くなるもの。

妥協せずにいいものを長く使いたいものですね。

ちなみにアウトドアメーカー商品は、機能性に優れているものが多いです。

私のポンチョはmontbell。レインスーツはTheNorth Faceのものです。

いいものはそれなりの理由があると思います。

絶対的ストレス解消商品★レインバイザー

是非、雨の日自転車通勤対策として取り入れて欲しいのが「レインバイザー」★

顔をガードするもので、雨の日にも視界が悪くならないように透明のつばが特徴的です。

ネットで1300円前後で購入可能。

つばの部分が角度調整可能になっていて、雨の具合でガードを調整できます。

実はこれ、オバサンぽくてずっと買うのに躊躇していたものなんですが、使ってみると絶対的王者!

これ無しではもう怖くて雨に立ち向かうことができません!

雨の日にレインウェアだけで自転車こいで、朝から顔に霧のような雨が降りかかるの本当にストレスでしたーwww

これくらいの雨だしってのが、1番厄介w

朝、しっかりメイクしていったのにすぶ濡れでガッカリーなんてことも日常茶飯事。

そんなストレスを一気に解消してくれるのがこの商品です。

目に雨が入って、うわーもう!なんてこともない!

雨の日なんて誰も見てないですよ。

安全運転のためにもしっかり正面向いて自転車漕ぎましょー。

ちなみにこのレインバイザーは、レインウェアのフードの上から被るフードもズレないし、レインバイザーもズレません。

買った当初レインバイザーを被ってフードをしたら、レインバイザーがズレてしまい、それこそストレスwww

装着時は気をつけてくださいね。

安い商品が多く、そこまでオシャレや調節機能にこだわりもってはいなさそうwww

風が強い日は飛ばされることもあります。

2000円くらいのものを買うと、首で固定できる紐付きのものもあるようなので、そちらを買うといいかもしれませんね。

足元は簡易的でもOK★長靴

レインウェアにレインバイザー。

それだけではやっぱり足元を雨から守ることはできません。

水溜まりを歩いたりすることはないので、むしろ簡易的な長靴で良いと思っている私。

2000円前後くらいでネットで買った長靴★

ノーブランドです。

でもこれがまた使いやすい!

自立させるとこんな風に折りたたまれるので、下駄箱で場所をとることもなく、持ち運びにも便利★

そのため、仕事終わって雨の中自転車こいで、その後お出かけーなんて時にも替えの靴を持って行って、長靴と履き替えるーなんてことも可能★

夏場は濡れてもいいサンダルなんかで代用できます。

その際は、必ず足ふきタオルを持っていきましょー。

自転車置き場からのことも考えて

自転車置き場から建物まで、もしくは帰りにちょっとお出かけーなんて時、レインウェアを着たままじゃちょっとなーって時ありませんか?

てなわけで、必須アイテムの最後はやっぱりコレ★

折りたたみ傘

私のオススメは超軽量タイプ★

自転車に長い傘は不要。むしろ邪魔。

でも、傘はやっぱり常に持っておきたい!

そんなあなたには超軽量折りたたみ傘を★

ちなみにこれは90gくらいですwww

もちろん大雨には不向きですが、自転車置いて建物までの数分や駅までの数分であれば全く問題なしですよ。

まとめ(イラスト)

いかがでしたか?

13年間自転車通勤し、雨と戦うことからの実体験に基づく最強アイテムたちのご紹介でしたー。

雨の日の朝はげんなりするもの。

でもそんな朝は、美味しいご飯を食べて、歌でも歌いながらテンションあげて★

強い味方を身につけて、レッツゴー★

ただし、視野は狭くなるので雨の日の自転車は、くれぐれも気をつけて下さいね。

最後までご覧頂きありがとうございました★

素敵な梅雨ライフを!

ブログランキング参加しています♪
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。