キノコで菌活★キノコに対する勘違い?★1日1つ賢くなるプチ雑学

5月24日は「菌活の日」

2013年5月24日に初めて「菌活」という言葉をTVCMで全国に発信したことから、「菌活」という言葉の生みの親であり、キノコ製品を扱うホクト株式会社が記念日に制定しました。

そんな「菌活の日」にちなんで、1日1つ賢くなるプチ雑学★

菌活とはなんぞや?

キノコの効果

キノコの勘違い

についてご紹介★

菌活とはなんぞや?

菌活とは、身体に良い働きをする菌を積極的に食事に取り入れることで、さらに自分の腸内に住んでいる良い菌(善玉菌)を育てて腸内環境を整えること。

腸内環境を整えると健康で元気な体になるー。

菌の代表格と言えば、乳酸菌を含むヨーグルトや、納豆菌を含む納豆。

そして、その名も「」とかいて「きのこ」★

厚生労働省の調査によると、日本人の約4分の1が便秘に悩まされてるそうですー。

便秘やストレスは、腸の調子を悪くさせ、腸にたまった有害物質や毒素かま血管を通して体内に回り、肌荒れ疲労感などの不調を引き起こすー。

積極的に「菌活」をして、体調整えようというその心構え!これ、大切なわけですよー。

私も便秘症…。菌活しようかなー。

菌活でのポイントは、菌類のみでなく菌のエサとなる食物繊維を一緒に摂ることだそうですよ。

キノコの効果

訓読みにすると「菌」は「きのこ」★

その名の通り、菌100%

菌を含むものは色々ありますが、そのものを食べることができるのはキノコだけなんです。

キノコには、腸内の善玉菌のエサとなる食物繊維を多く含んでいます。

さらに、シジミの5~7倍とも言われるオルニチンが含まれているー。

オルニチンは、大変注目されている成分で、筋肉の合成運動による疲労の軽減睡眠の質や目覚めの改善成長ホルモンを促進する効果があるのだとかー。

また、ストレス緩和リラックス効果のあるGABA

エネルギーの源であり、美容効果もあるビタミンB群が豊富★

なんとも良いことづくしー。

そして、なんと言っても低カロリー

ダイエットにもってこいの食材なんです。

キノコの勘違い

そんなキノコですが、国内には4,000〜5,000種類のキノコが存在すると言われています。

食用はそのうちたったの約100種類

人工栽培されて売り場に出回っているのは、20種類程度なんだそうですよ。

そんなキノコですが、どれだけの種類皆さんご存知ですか?

私はそのうち7種類くらいかなー。

そんなまだまだ知らないことも多いであろうキノコではありますが、そのうち皆さんも知ってるであろうあのキノコについての勘違いをいくつかご紹介しましょー。

松茸は海外で嫌われる?

香り松茸、味しめじ」と言われるように、松茸は香り高く高級品でもあることから、松茸ご飯が出てきたりするとテンション上がる人も多いのでは?

贈答品にも好まれますよねー。

でも、これ日本独自の食文化★

海外の人を招いた時には、是非食べさせてあげたらきっと喜ぶーなんて思ってるアナタ、それ勘違い★

外国人からすると松茸はかなり臭い!

靴を履き続けた後の蒸れた足の臭い」や「風呂にずっと入っていない時の臭い」なんて言われているんですー。

日本人でも苦手な人いるのかなー。

高級品=美味しいとは限りませんもんね。

残念ですが、海外の人を招く時は海外の人が好む物をお出ししましょー。

茶碗蒸しに入れてはいけない舞茸

茶碗蒸しには、椎茸を入れるのが普通ですかねー。

でも、椎茸ないなー。

キノコであれば何でもいいかーなんて思ってるアナタ!それ勘違い★

色も若干似ているしなんて言って、舞茸入れるーなんてことはしないで下さいねwww

舞茸だけはNG★

舞茸にはプロアテーゼという酵素が含まれています。

この酵素は、卵を固めるためのオボアルブミンというたんぱく質を分解する作用を持っているんです。

そのため茶碗蒸しに舞茸を入れてしまった場合、固まらなくなるーというわけ★

味には問題ないので、スープとして飲むならいいですけどwww

マッシュルームはキノコ全般を指す言葉

マッシュルーム」とは、英語でキノコ全般を指す言葉ってご存知でしたか?

え?

だったら、あのスーパーで売ってるキノコは何?

「きのこ」って書かれてるだけなの?って思いませんか?

私たちが「マッシュルーム」と言われて頭に浮かぶあのキノコは、ハラタケ科のツクリタケと呼ばれるもの。

生鮮流通品としてスーパーの棚に生で並んでいるのは、ホワイト種オフホワイト種のハラタケ。

加工用として、缶詰などに入って売られているものはクリーム種ブラウン種のハラタケになります。

日本で栽培されるようになったのは1922年

アメリカやヨーロッパで作られていたもので、当時は「西洋マツタケ」と呼ばれていたそうですよ。

ちなみにフランスでは「Champignon de Paris」=「パリのきのこ」と呼ばれているそうです★

そしたら、英語でハラタケ(マッシュルーム)はなんて言うのかなー。

英語圏では「Field mushroom」、アメリカでは「Meadow mushroom」と言うそうですよー。

まとめ(イラスト)

菌活するなら、是非キノコも取り入れて見てくださいね★

ヨーグルトも納豆も私は好きだけど、キノコは和洋折衷どんな料理にも使えますからねー。

毎食摂ることもできちゃう優れものです★

ちなみに過去にキノコについての雑学書いてますので、そちらも是非覗いて見てください。(→10月15日キノコの日雑学)

最後までお付き合い頂きありがとうございました★

ブログランキング参加しています♪
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。