11月6日★松岡修造誕生日★やる気を起こすプチ雑学

11月6日は、熱い男★松岡修造さんの誕生日

松岡修造さんは、皆さんもご存知元プロテニスプレーヤーで、タレント。何事にも、全力投球の松岡さん、彼の熱い言葉は、人気となりカレンダーにもなるほどですwww

でも、本当に松岡さんの言葉は、暑すぎるくらい熱いのですが、心にグサッとくるものがあるんです。

彼の実績があるからこそ、そこに説得力があるわけで。

今回はそんな彼の熱い言葉と共に、勉強したいけどやる気が出ないーなんて人のためのプチ雑学をご紹介★

やる気が出ない時、やる気が出るまで待つのはNG

勉強など、なかなかやる気が出ない時ってありますよねー。

そんな時、無理してでも机に向かうと集中力が出てくるって知ってましたか?

何かを始めると作業性興奮というやる気に関する線条体が活性化★

すなわち「やる気が出るまで待つ」というのは効果はなく、嫌なことでも最初の一歩が出るかどうかが成功する分かれ道となるんだそうです。

とにかく、やる気を起こすためにはやり始めるしかないんですねー。

集中力がなくなった時は、片足立ちをしよう★

長時間の勉強で集中力がなくなるーなんてことよくありますよね。

何だか、他のことやり出しちゃったり…。

そんな時は、片足立ち

バランス感覚を保とうとする行動が集中力を復活させる効果があるのだそうです。

他のことをやり始めて、そちらに集中がいくよりかは、1度これ、試してみる価値ありですねー。

試験前に不安なことを書き出す

試験前に不安なことを書き出すと、成績がアップするという研究結果がでているのだそうです、

確かに、不安を書き出すと、自分の問題点と向き合うことになり解決策を見出すきっかけにもなりますよね。

自分自身で、不安を受け止めることで不安解消にも繋がります。

前向きになることが、やる気をアップに繋がる!

勉強した後に1番いいことは、寝ること★

実は、勉強した後に1番いいことは「寝ること」。

寝ることで、神経細胞が働き勉強内容が頭の中で上手くまとまり、記憶が定着するのだとかー。

勉強は長くやればいいってもんじゃない。

徹夜しても意味ありませんよ。

効率よく勉強するためにも、しっかり睡眠取ってくださいね。

松岡修造★名言

熱い男★松岡修造★

彼の言葉で深いなーと感じた言葉をいくつかご紹介★

勝ち負けなんか、ちっぽけなこと。

大事なことは、本気だったかどうかだ!

ついつい結果を求めてしまうわけですが、本気であったかどうかの方が大切★

本気で何かに取り組めば、そこから得るものは結果以上に自分の糧になる。

私もそう思うのです。

ベストを尽くすだけでは勝てない。

僕は勝ちにいく。

彼の結果を伴う本気度が現れている言葉。

普通の人に足りないものは、この強さなんだろうなーって思います。

真剣に考えても、深刻になるな。

何事にもポジティブに★

真剣になることは必要だけど、そこに深刻さは要らない。深いー。

真剣だからこそ、ぶつかる壁がある

確かに。真剣にならない人には、その壁がある事さえ気づかないかもしれない。

その先に何かがあるのに、それすら気づいていないかもしれない。

そんな壁に出会えたことに、悦びすら松岡さんは感じるそうですよー。

100回叩くと壊れる壁があったとする。

でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、90回まできていても途中で諦めてしまう。

これも、凄くわかるー。

でも、あと10回叩けば壊れる壁だったとしたら?

諦めたらそこで終わりです。

たとえあと1回で壊れたとしても、叩かなければその壁は壊れない。

叩き続けたものだけが、その壁を壊すことができる。

あなたは、叩き続けますか?

やめますか?

まとめ(松岡修造イラスト)

いかがでしたか?

何か、不思議とやる気が起きてきませんか?

松岡修造さんの言葉は、すごくポジティブになれますよね。

何をやるにも、その一歩が踏み出せずに無駄な時間を過ごしていると感じる時が多々あります。

でも、やるかやらないかは自分次第

時間は、無限ではありません。

今、自分がやりたいこと、やるべきこと、本気でやってみませんか?

松岡修造さん、Happybirthday!!!

ブログランキング参加しています♪
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。