8月8日★タコの日★知らなかったタコプチ雑学

8月8日は「タコの日」。

タコの8本あることから、広島県の三原観光協会が制定しました。

実は7月2日も「タコ日」日本記念日協会で認定されています。

今回は、タコに関する知らなかった雑学をいくつかご紹介します。

タコの性別どこで見分ける?

タコの性別の見分け方は、足を見ます。

オスのタコの足の吸盤は大きさバランスまちまち

一方、メスは綺麗に形が整った状態で整列しているのだとかー。

また、オスに限っては、1本交接器(交尾の際に使用)として使用するため、吸盤のついていない足が1本あるのだそうです。

今度ぜひ観察してみてくださいねー。

タコの血液は青い

タコの血って見たことありますか?

実は、タコの血ってなんですって。

人間の血液には、ヘモグロビンという物質が含まれていますが、タコの血液にはヘモシアニンという物質が含まれています。

ヘモシアニンにはが含まれており、空気中の酸素と結びつくと「青色」になるんですって。

ちなみにイカやエビも青色血液なんですよー★

ちょっと見てみたくなりましたwww

タコの足の秘密

タコの足は8つ。子供の時からそう教わってきましたよねー。

でも、足の概念を移動の時に使うものと限定するとすれば、タコの足は2本であることが近年の研究で明らかになっているそうです。

移動手段として使う足は2本

物を運んだり、獲物を捕らえたりする足は6本になるそうですー。

ちなみに足の90パーセント以上が筋肉。

また、自らの足や腕を切り離し逃げることができるんですってー。

トカゲみたいwww

ちなみにこれだけ多くの足を動かすために、タコの脳は9つ(体全体を動かす指令を出す脳×1、足を動かすためだけの脳×)あるのだそうですー。凄い脳の数 www

心臓だって、8本の足に1本1本血液を送るのには1つの心臓の負担が大きいためメイン1つ+鰓心臓と呼ばれる心臓が2つあるのだそうですよー。

合計3つー★

凄いですよねー。

タコの一生

涙なしには語れない生物の一生は色々ありますが、タコの一生もものすごく切ないもの。

タコの寿命は明らかでありませんが、1年から数年と言われています。

そして繁殖を行うのは一生のうち最後に一度だけ

一生の最後にパートナーを探すのですが、それが壮絶。

一匹のメスに対し複数なオスが求愛をするのです。

オスたちは一匹のメスをめぐり命をかけた戦いをします。

足や胴体がちぎれるほどなんだそうですよー。

勝ち抜いたオスは、メスとじっくり惜しむように最後の時を過ごします。

そして、交尾が終わるとオスは力尽きて死んでいくのです。

悲しいー。

メスはメスでこれからが大変。

卵が孵化するまで、メスは巣穴の中で卵を守り続けるんですって★

少しくらい離れてもーなんてことタコにはないのだとか。

そして、卵が無事に孵化した時、メスダコ(母親)は安心したかのように力尽きて死んでいくのだそうですよー。

涙出るー。

ちなみにマダコでは孵化するまで1ヶ月。ミズダコに限っては冷たい水の中に卵を産み付けるので6ヶ月から10ヶ月も守り続けなくてはいけないのだそうですよー。

タコってすごいですねー。

タコスミ料理ってある?

「イカスミ」はよく料理名にも見受けられますが、「タコスミ」って聞かないですよねー。

イカスミが粘り気があって旨み成分が強いのに対し、タコスミはサラサラで他の食材に絡みつらい。生臭く、旨み成分に限っては、イカスミ30分の1らしいですよー。

同じスミでこうも違うのですねー。

まとめ(イラスト)

タコには疲労回復、血圧・コレステロール値を減らすタウリンが豊富低脂肪で低カロリー味覚や臭覚を正常に保ち血行促進する亜鉛も多く含んでいます。

毎日並ぶ食材ではないかもしれませんが、たまにはタコ料理もいかがですか?

ぜひ、たこ焼きパーティを行うの際は、今回のプチ雑学を披露してみてくださいねー★

ブログランキング参加しています♪
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。