4月24日日本ダービー記念日★武豊イラスト★馬のちょっとすごいとこ★

4月24日は、第1回日本ダービーが開催された日です。

ということで、ジョッキー武豊さんと馬のイラスト描きました★

馬のちょっとすごいところご紹介します。

第1回日本ダービー

第1回日本ダービーが開催されたのは、1932年。

日本ダービーは、イギリスの「ダービーステークス」と呼ばれるサラブレッドNO.1レースに習って企画されたもの。日本で最も優駿な馬を決める大会です。

当時の出走馬は、19頭4才馬

優勝したのは、「ワカタカ」という名前の馬で、賞金は、1万3530円だったとのこと。

やっすーと思われましたか?

当時、小学校の教員の初任給が「55円」!

ということで、どれだけ賞金が高額だったかがわかりますよねー。

馬のちょっとすごいとこ①目

馬の瞳孔横長です。その分縦の視野が制限されてしまうのですが、視野はなんと350度!

頭の後の10度だけが見えないだけで、その他は見えちゃう!

でも、その後の一部が見えないため、後から何かをされるのは恐怖心をあおられるのだとか。気をつけないと、蹴飛ばされますよー。

馬は、非常に臆病な動物です。死角となる後には回らず、触る時は横から、優しく首元を撫でてあげると良いでしょう。

ちなみに、暗闇でも目元がピカピカ光ります。暗闇でも問題なく見えちゃうんです。視力は、人間の0.6倍。ちなみに、赤は見えないのだとかー。

馬のちょっとすごいとこ②若い時から走らされる

馬の寿命は平均20~25才。年齢は数え年をかけるのだそうです。

例えば、6歳であれば「6×5=30」ということで30才。

競走馬は、デビュー4才としているので、4×3で12才。古馬になると5才くらいなので、5×4で20才くらいまで、走っているということになります。中学生くらいで、働きに出されるなんて…何だか涙でてくるー。

馬のちょっとすごいとこ③ショートスリーパー

馬の睡眠時間3~4時間。立ったままウトウト~なんてのが普通ですが、馬も疲れると足を投げ出したり、横たわったりして寝るみたいですよー。

馬のちょっとすごいとこ④耳

馬の耳は、竹を斜めに切ったような形をしています。10種類以上の筋肉があって、クルクル動くのだとか。

前後左右自由に向きを変えることができて、耳の動きで馬の気持ちなんかも表現しちゃうのだとか。

前向きが平常前後怒りクルクル不安は、警戒を示しているのだそうですよー。

馬のちょっとすごいとこ⑤食事

競走馬は1日2~3食。睡眠時間3時間として、21時間中、16時間草を食べているのだとかwww

食べ過ぎーw

甘いものが好きで、角砂糖なんかも大好き。にんじんが好きって説は、当時甘いものの代表素材が人参だったから。

特別人参が好きなわけではなちらしいwww

サラブレッドは、水を大量に飲むそうで、1日80リットルも飲んじゃうw

馬の体の60%は水分。ということで、競走馬ほどの汗かく馬は、それ以上に水をバカ飲みするんですねー。

まとめ(イラスト)

若い頃から走るためだけに生きてきた競走馬★

引退した馬たちは、牧場や、動物園、乗馬クラブに行ったりするそうです。ただ、引退直後に行方不明になる馬もいるそうで…。食肉にされてるなんて話もあるそうです。

走るためだけに育てられた馬たちは、走ることもできず、人を乗せることも難しく、なかなか生きていきにくい現実があるようですね。

人間のためだけに生まれてきて、育ち生き抜いた馬たちに敬意を払いたいものですね。

ジョッキー武豊さんと共にダービーで活躍する馬のイラスト描いてみました★

でも…。武豊さん、にんじん嫌いなんですって!?

また描き直しかなーwww

ブログランキング参加しています♪
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。