お正月とは何だ?1日1つ賢くなるプチ雑学★【お正月編】

1月1日。元旦ですねー。明けましておめでとうございます!

皆さんはどんなお正月をお過ごしでしょうか?

元旦ブログということで、1日1つ賢くなるプチ雑学★

今回は初心に戻って、お正月とはなんやら、正月と言えば「お年玉」。「お年玉」の由来と「ポチ袋」の由来について簡単にご紹介★

お正月に家族団欒★そういえばさーなんてちょっとした雑学王気分。

そんなプチ雑学になれたら嬉しいです。

正月とは

正月の意味

正月とは、各暦の年初めのこと。

文化的には旧年が無事に終わったことと新年を祝う行事。

新年を司る神様「年神様」が元旦にやってきて、1年の幸せや健康をもたらしてくれるとされ、正月飾り御節料理正月行事で盛大に祝い「年神様」もてなすものとされています。

子供の頃は、ただただいつも並ばない贅沢料理が並んで、親戚たちが集まって、子供たちにはお年玉が配られて…。

年が明けたことがそんなにめでたいのか?なんて思っていましたwww

でも不思議なものですねー。

年を重ねていくと、こうした行事の一つ一つにはちゃんと意味があり、変わらず祝えることが幸せで、もっと大切にしたい時間だなーなんて思います。

かつての正月は、お盆などと同じように、祖先の霊を呼び慰霊する行事だったのだとか。

次第に分化し、新年のお祝いと1年の無病無災を願うものに変わっていったと言われています。

日本では元日のみを国民の祝日としていますが、少なくとも3日までが「三箇日」。事実上の祝日とされています。

元日?元旦?正月

よく混乱を招くのが「元日」と「元旦」の違い。

元日」は1月1日

元旦」は元日の朝のこと。

」は太陽が地平線から出るさまを表した漢字であり、朝や夜明けを表します。

「元日」のことを「元旦」という人もいますが、これは問題ないそうです。

ただ、明らかに元旦に届かないであろう年賀状には、「元日」や「元旦」は避け、「正月」と書いた方が良いとされています。

ちなみに「正月」は松の内(1月7日または1月15日まで)と思っている人も多いと思いますが、暦上は1月31日までのことを指すのだそうですよー。

意外と正月長かったーwww

お年玉の語源と意味

正月と言えば、子供たちはワクワク・ドキドキ★

大人にとってはちょっぴり痛い「お年玉」w

お年玉の語源としては、「たま」が「魂(たましい)」を意味しているという説と、新年を司る年神様への供え物のお下がりを「としだま」と呼んでいたという説があります。

また、正月に供えられた鏡餅がお下がりとして子供たちに与えられ、そのお餅が「御歳魂(おとしだま)」と呼ばれた説もあります。

ということは、お金じゃなくて、お餅でいいじゃんねーwww

と思ってしまうのは私だけでしょうか?

子供はラッキーな生き物です。

まー。子供は宝ですから★

ちなみにお年玉は目上の者から下の者に渡すもの。

目上の者に下の者から渡すものは「御年賀」になります。

ポチ袋の由来

お年玉を入れる袋と言えば「ポチ袋」

「ポチ袋」の「ポチ」は関西の方言で、芸妓や茶屋女に与える祝儀のこと。

祝儀を「ポチ」と呼び始めた由来は諸説あるのですが、「これっぽっち」の「ポチ」が示すように、「小さな点」「ほんの僅か」という意味があるのは間違いないようです。

また、英語の「spot(臨時の)」やフランス語の「petit(小さい)」が由来なんて説もありますが…。んー。日本の文化だからねーなんて思ってしまうw

また、お年「玉袋」では、語弊があるという理由で「タマ」を「ポチ」に変えたなどと言われています。「玉袋」www

まとめ(イラスト)

いかがでしたか?

新年の始まり。大晦日・年越し蕎麦に関する雑学や御節料理初詣に関する雑学も書いてますので、そちらも正月関連雑学として良かったら覗いてみてください★

改めて、明けましておめでとうございます★

今年もどうぞ「なかよしMarket」をよろしくお願いします。

あ。

ちなみに「新年、明けましておめでとうございます。」という挨拶。

「明けましておめでとうございます。」が年神様に対する祝福の言葉。

「新年」をつけてしまうと「明けまして」と重複していることになるので、NGですー。

私も使っていたかもしれないw

新年を喜び合っている言葉なので、「新年」を使う時は「新年、おめでとうございます。」でー。

決して、言われて「ありがとうございます。」と言わないようにwww

今年1年、皆様にとって良い1年になりますように。

ブログランキング参加しています♪
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。