6月23日★オリンピック・デー★オリンピック気になる雑学

6月23日は「オリンピック・デー」国際オリンピック委員会創立された日です。

1894年6月23日、国際オリンピック委員会は、オリンピック復興を目的としフランス・パリで創立。第1回オリンピック大会がギリシャ・アテネで開催することが決議されました。

International Olympic Committee」の頭文字をとって、「IOC」と呼ばれています。

2020年東京オリンピックは、残念ながら来年に延期になりましたが、今回は世界の平和が戻ることを祈って、オリンピックに関する雑学をまとめてみました★

オリンピックはなぜオリンピックって言うの?

近代オリンピックは、1896年に開催されました。

しかし、古代オリンピックが誕生したのは、もっと前。今から2700年以上も昔なんだとか。

現在オリンピックは、世界の平和を目的とするスポーツの祭典★ですが、古代オリンピックの目的はちょっと違いました。

神話の最高神「ゼウス」を始めとする多くの神を崇めるためのスポーツや芸術のお祭りだったんだとか。いわゆる宗教的な行事だったんですねー。

古代オリンピックは、「オリンピア」というゼウスの神域の場で開催。この「オリンピア」が「オリンピック」の語源なんだそうですよー。

なぜに4年に1度なの?

古代ギリシャでは4年間を「オリンピアード」という「年代の基準」としていたため、古代オリンピックも4年に1度開催されていました。

そのため、近代オリンピックも古代オリンピックのやり方を引き継ぎ4年に1度になったのだとか。

4年に1度って長いように感じますが、冬季と夏季2年おきに来るので、4年に1度でも気にならないのかなー。

でも、オリンピックにピークを持っていくこと考えると、やっぱり4年て長いよなー。アスリートたちは、オリンピックで試合が終わると引退を考える歳でなければ、すぐに次のオリンピックに目を向けますよねー。凄いなーっていつも思います。

一般人にとっては4年後までモチベーションを保つことはなかなかできないものです。

4年後の自分の未来。私には見えないwww

金メダルは金でできていない

実は金メダルも銀メダルも同じ銀でできているのだとか。

金メッキが施されているかどうかの違いらしい。

しかも、銀の質も純度1000分の925を混ぜた銀合金です。

微妙www

ちなみに東京オリンピック2020で使用される予定のメダルたちは、要らなくなった携帯電話やデジタルカメラ、小型家電などを回収してリサイクルした金、銀、銅。

2年間かけて集めた不用品たちの中から、大会で使う約5000個分の金属が回収できたのだから、凄いですねー。

あー。そのメダルが選手たちの首にかかる日は来るのだろうか…。

まとめ(イラスト)

今年は、新型コロナウイルスの影響でオリンピックが延期。

本当に来年行うことができるのだろうかという不安にかられる中、オリンピックのことなかなか考えることできませんよねー。

でも、また活気溢れるスポーツの祭典を観たい★

そんな願いをこめてイラスト描いてみました★

平和な世の中が戻ってきますように★

ブログランキング参加しています♪
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。