6月28日パフェの日★パフェ、サンデー、アラモードの違い

6月28日は、「パフェの日」。

1950年6月28日に、巨人藤本英雄投手日本プロ野球史上初完全試合を達成。

完全試合を「Perfect Game (パーフェクトゲーム)」、スイーツのパフェparfait)がフランス語で「完全な~」を意味するため、パフェ愛好家とパフェを扱う洋菓子業界が記念日に制定しました。

パフェと言えば、生クリームやコーンフレーク、アイスクリームやチョコレートソースが何層にもなって、フルーツやウェハースとかトッピング★

想像すればするほど、スイーツ界のクィーンをイメージするほど豪華なデザートをイメージしてしまうのは、私だけでしょうか。

でも、パフェと似た表現にサンデーやアラモードなどありますけど、違いだて何だか知ってますか?

パフェの日にちなんで、サンデーやアラモードとの違いについてまとめたいと思います。

パフェとは

パフェフランス生まれ★昼食後に食べるデザートとして誕生。

卵黄に砂糖、ホイップクリームを混ぜたものを凍らせたアイスクリームの様なものがメイン★そのアイスクリームの様なものには、ソースがかかりフルーツが添えられています。

あくまでも主役はアイスクリーム★日本のパフェのように、沢山のフルーツや生クリームなどのトッピングメインとは、ちょっと異なるようです。

サンデーとは

サンデーアメリカ生まれ★

1880年代頃、アメリカではクリームソーダが流行★

禁欲的なキリスト教の指導者は、日曜日と宗教的な祝日にほクリームソーダ販売禁止

これを受けて、クリームソーダの代わりに「サンデー」を販売するようになったそうです。

ちなみにサンデーは、日曜日のサンデー(Sunday)が由来なのですが、スイーツのサンデーは「sundae」と書くんですよ。

キリスト教において日曜日Sundayは聖日。

キリスト教に敬意を示すために、一文字変えて「sundae」にしたそうです。

サンデーは、アイスクリームにチョコレートをトッピングしたもの。

ちなみにこれに「ソーダ」を加えたものを「マンデー」と呼ぶそうです。

「サンデー」と同様、「マンデー」も「mandae」と書くそうですよ。

アラモードとは

アラモードと言えば、プリンがのってるもの想像してしまうのですが、実はプリンがのっていなくてもアラモードは、アラモード。

アラモード」はフランス語の「現代風の」「流行の」が由来とされていますが、発祥は「日本」なんですって★

神奈川県横浜市老舗ホテルの「ホテルニューグランド」のパティシエが考案してそうですよ。

パフェ・サンデー・アラモードの違い

ということで、パフェ・サンデー・アラモードの違いについてですが…。結論からすると…明確な違いはないというのが答えです。

店によって定義が全く異なるのだとかー。

パフェで統一しているお店もあれぱ、大きいサイズのものを「パフェ」、小さいサイズのものを「サンデー」と呼んでいるところもあります。

アラモードにおいても、プリンのあるなしが関係ないとすれば、様々なフルーツがのっていたりホイップクリームがのっていたり…。パフェ

サンデーと区別つきにくいですよね。

アイスクリームのっかれば、全部同じwww

いずれも、スイーツ好きにはたまらない贅沢なデザート★

ちょっとお高く、今日はパフェ食べちゃってもいいよねー?なんて、ちょっと食後のデザートとしては財布にも胃袋にもheavyな食べ物www

でも、たまには食べたくなっちゃう、特別なスイーツなんです。

あー。

パフェ食べたくなってきたー。

ひとつ2000円くらいする高級パフェを頬張るのが私のちょっとした夢ですw

ブログランキング参加しています♪
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。