ゴールデンボンバー★なぜ人気?

6月20日は、ゴールデンボンバーのヴォーカル、鬼龍院翔(きりゅういんしょう)さんの誕生日★

せっかくなので、ゴールデンボンバーのイラスト描いてみました。

ゴールデンボンバーと言えば、エアーバンド

エアーなのになぜ人気?ゴールデンボンバーの魅力についてまとめてみました。

ゴールデンボンバーとは

ゴールデンボンバーとは、日本のヴィジュアル系エアーバンド★2013年に「女々しくて」でオリコンカラオケランキング49週連続1位になり記録樹立★連続1位は51週まで続き、一躍人気者になりました。

メンバーは、ヴォーカル鬼龍院翔(きりゅういんしょう)、ドラムス樽美酒研二(ダルビッシュケンジ)、ギター喜矢武豊(キャンユタカ)、ベース歌広場淳(うたひろばじゅん)の4人。

楽曲の作詞作曲編曲に至るまでをほぼ全て鬼龍院翔が行っています。

ヴォーカルの鬼龍院翔以外は、みんなが楽曲をしている風。いわゆるエアー。実際に演奏することも稀にあるそうですが、エアーバンドと言われている理由はそこにあります。

鬼龍院翔は自分1人で音楽を作り上げることに拘りがあるようで、バンドという形をとるのは見栄えの問題なんだそう。

メンバーもゴールデンボンバーは鬼龍院翔のものという認識はあるようで、徹底したグループ内の関係が伺えますね。

メンバーの素顔

鬼龍院翔

ヴォーカル鬼龍院翔。実は東京NSC出身

ハリセンボンと同じ9期生。池田一真(後のしずる)と「チョコサラミ」というコンビを組んだそう。池田にふられ、「やっと笑えたね」というコンビも組んだのだとか。

お笑いではやっていけないと思い、卒業後バンドに切り替えたんだそうで…。

ここまで有名になれれば、お笑いは諦めたものの勝ち組ですよねー。

ちなみに浅草出身★江戸っ子ですねー。

喜矢武豊

喜矢武豊は、高3の時に鬼龍院翔と知り合いゴールデンボンバーのメンバーに。のちに、エアーバンドという形を作り出したのは彼。

板橋区出身で、小学校の時から高校2年まで野球をやっていて、野球選手になるのが夢だったのだとかー。

レギュラーになれず夢を断念。

スイカやかき氷の早食い担当

ダンボールで何でも作り、ライブの小道具大道具は彼の手づくり★生き物以外は何でも作れるらしい。

ゴールデンボンバーのマスコットキャラクターも彼がデザインしたもの。

舞台やテレビドラマの俳優としても活躍しています★

歌広場淳

「女性に親しまれる芸名がいい。女性はカラオケが好き。みんなに覚えてもらえる名字がいい」との理由で「歌広場」がつけられました。

体格の割にな運動神経悪いwww

九州生まれの千葉県育ち日本大学芸術学部を卒業★

アパレルブランド「MINTNeko」においてコラボ商品を発売★同ブランドのモデル活動もしているそうですよ★

イケメン好きが有名★

月刊TVnaviにて「イケメンがなきゃ生きていけない!」を連載しているみたいです。

樽美酒研二

1人白塗り★白塗りの理由として「先代のドラマーが白塗りだった」「恥ずかしくて赤面しやすい」「メイクをするとスィッチが入る」など理由があるそうです。

素顔はただのイケメンwww 福岡出身

自身のブログが大人気★

書籍化され、印税がガッポガッポと入っきている様子です。

彼も小学校から高校入学まで野球をやっていました。高校は野球の推薦入学で本気で野球に打ち込んでいたのだとか。中学卒業で身長が伸び悩みプロ野球は断念。高校は野球部に所属しながら、バンドを始めたのだそう。喜矢武豊とはたまに野球をして楽しむそうです。今でも野球は好きなんですね。

プロ野球開幕戦の始球式を務めたりしましたー。

ちなみに彼が最年長★39歳です。

まとめ★ゴールデンボンバーの魅力(イラスト)

エアーバンドという、他のバンドにはない特徴をもつゴールデンボンバー★

エアーでありながら、彼らの人気が絶えないのは、メンバー一人一人が個性を持ち、自分自身の個性を大切にしているからなのでは?なんて考えました。

ゴールデンボンバーは、もとは他のメンバーと鬼龍院翔と喜矢武豊からなるバンドでした。メンバーが入れ替わるも、鬼龍院翔のバンドに変わりはない。

そんな中でも、一人一人が自立をしゴールデンボンバーという肩書きの中でも自由に自分を表現している。

その魅力がファンを虜にするのかもしれません。

音楽性、キャラクターというよりも人間力★

彼らの魅力を語るには、もっともっと一人一人を知る必要性がありますね。

彼らも30代後半★

バンドだけではないエネルギッシュなゴールデンボンバーの活動に期待したいところです。

鬼龍院翔さん、Happybirthday!!!

ブログランキング参加しています♪
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。