ママチャリと電動アシスト自転車どっちを買えばいい?【2つの自転車の違いを比較】

自転車買い替えたいなー。

そんな時、主婦なら一度は悩むことになると思われる「ママチャリ」にするか「電動アシスト自転車」にするか★

実は、私自身この選択を幾度と繰り返しているものの、結局「ママチャリ」に留まっている派なんです。

でも、毎日自転車を利用しているため、急いでいる朝などに隣をヒューッと電動アシスト自転車で抜かれていくと、クソーっと悔しい思いをしたりしています。

年齢と共に、坂道が辛くなったり…でも、健康のためだよねって自分に言い聞かせたり…。

そんな私と同じような悩みをお持ちの方、これから自転車を買おうとしている方のために、ママチャリと電動アシスト自転車の違い、メリット・ディメリットなどについて簡単に説明できたらなーと思っています。

是非、参考にしてみて下さい★

電動アシスト自転車とは

電動アシスト自転車とは、電動機によって人力を補助する自転車のこと。

搭乗者がペダルを漕がなければ、進みません。

速度制限がある自転車

道路交通法によって、時速24kmまでの速度制限があり、時速24kmまではアシストしてくれますが、それ以上速く走ろうとすると、完全自力。

速く走るためのものではなく安全に楽に漕げることを目的とした自転車なんです。

電動自転車とは別物

ちなみに「電動自転車」と「電動アシスト自転車」とは別物。

電動自転車」は完全に電動で、漕がなくても進むもの。時速24kmを超えても進みます。

「電動自転車」は原動機付自転車と同じ扱いで、運転免許が必要になります。

一方、「電動アシスト自転車」は自転車扱いなので、免許なしでも乗ることができます。

ただこの2つ、本当に見た目がよく似ているので、購入の際は気をつけて下さいねー。

ママチャリと電動アシスト自転車の違い

ということで、ママチャリと電動アシスト自転車との比較をしましょー。

速度

まずは、速度★

ママチャリの平均速度は、12~15km/h。

電動アシスト自転車の平均速度は、10~17km/h。

思ったより速度は変わりません。

これは、アシストが利く速度には限界があり、速く走ろうと漕ぐほどアシストは利かなくなります

電動アシスト自転車の重さは、ママチャリの1.5倍~2倍。

そのため、漕ごうとすればするほど重たくなってしまうんです。

また、利用者のほとんどは高齢者や子供連れのママたち。

そこまで速度は出しませんよねー。

ただ、私の経験上、走り出しと登坂は電動アシスト自転車にかないません。

平坦な道であれば、ママチャリと変わらないですが微妙なアップダウンをスイスイ行かれると、あーってなりますwww

また、電動アシスト自転車の制限速度は24km/h。

ママチャリは60kmまで出してOK。

速く走りたいなら自力でママチャリですかねー。

とはいえ、ママチャリで60km出せないwww

車体の重さ

先にも述べたように、電動アシスト自転車の重さはママチャリの1.5倍~2倍。

ママチャリが大体16~19kg

電動アシスト自転車が26~35kg。

電動アシスト自転車重たいですねー。

充電が切れてしまった時のペダルの重さは半端ないと聞きます。(友人より)

また、自転車置き場などでちょっとした段差をずらす時や、横にずらす時など重たいなーって思いますよね。

災害時などの緊急時など、電動アシスト自転車は気楽に乗れないなーって思っちゃいます。

値段

価格の差は一目瞭然。

普通のママチャリであれば、安いと1万円をきることもー。

高いと3万を超えることありますが、大体2万円前後で買えちゃいますよね★

一方、電動アシスト自転車は、バッテリーの容量に非礼しますが、8万~13万円が相場と言えるでしょう。

なんともお高いー。

値段だけを見てしまえば、簡単に買い換えることができるママチャリと、そうでない電動アシスト自転車といった感じになります。

寿命

自転車の寿命は、タイヤが約1~2年。

安価なアルミフレームであると難しいですが、車体自体は10年程度もつと言われています。

実は、ママチャリに関することだけでなく、電動アシスト自転車も同様の様子。

10年以上乗ってるーというコメントは多く見受けられました。

ただ、電動アシスト自転車に関してはバッテリー交換がその間必要となるようで、乗ってる頻度によりますが、10年間のうち一度は交換が必要になってくる様子。

最新モデルの電動アシスト自転車のバッテリーは、充電回数700~900回で3~4年の寿命だそうです。

しかも、バッテリーは種類や容量によりますが大体2~4万円程度。

ということは、やっぱり電動アシスト自転車のバッテリー1つで、ママチャリ買えちゃう計算www

疲労度

そうは言っても、やっぱり安全・楽さを求めた電動アシスト自転車★

アシスト力は、自力の1~2倍。

すなわち車輪半周分で、1から1周半進むー。

ということで、ママチャリよりも疲れは1/3~1/2★

坂道なんか考えればもっとかもなーって思います。

ダイエット効果

疲れないということは、カロリー消費にも差が出ますよねー。

60kgの人が1時間漕いだ時、

ママチャリで12~19km/hの速さで漕ぐとすると365kcal消費

電動アシスト自転車で15km/hの速さで漕ぐとすると、189kcalの消費となるそうです。

疲れが半分ならば、もちろんカロリーも半分。

そういうことですよねー。

まとめ(イラスト)

いかがでしたか?

電動アシスト自転車は、ママチャリに比べて高価ではあるものの、小さな子供を乗せて走らなければいけないママたちや、足腰が辛いという高齢者には大きな味方に★

でも、昔ながらのママチャリには手軽に運動兼ねて乗ることができるメリットが★

健康維持のために、自転車くらいは自力で漕がなくちゃと思ってる健康意識の高い人にはママチャリがオススメ★

実際、電動アシスト自転車に乗り換えた人で普通の自転車に戻した人…見たことないw

電動アシスト自転車には、それだけの「楽さ」が詰まっています。

なかなか健康の為にとママチャリに戻すのは難しいかも。

そんな私はまだまだママチャリで頑張っていこうと思う今日この頃ですwww

皆さんも是非、選択の参考にしてみて下さいね。

ブログランキング参加しています♪
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。