七夕に食べるものって何?1日1つ賢くなるプチ雑学★

7月7日は「七夕」ですねー。

七夕の由来などについては、こちらをどうぞー★

→「7月7日★七夕雑学★なぜ短冊に願い事を書くのか?七夕の由来とは?

七夕は、桃の節句や端午の節句同様、五節句の1つ★

五節句にはそれぞれ行事食というのがありますね。

ひな祭りには「あられ」★

こどもの日には「柏餅」や「ちまき」★

当然七夕にもあるのですが、皆さんご存知ですか?

そんな今日は1日1つ賢くなるプチ雑学

七夕に食べる食べ物についてご紹介★

七夕の行事食は「そうめん」

七夕の行事食の答えは…「そうめん」★

意外と知らない方多いみたいですよー。

夏にはそうめん★

なぜ、そうめんを食べるようになったかというと、中国のとある伝説に基づいているという説があるんです。

ある昔、7月7日に亡くなった皇帝の子供がいたそうで…。

その子が祟りとなって町全体に病気を流行らせたのだそう。(恐ろしすぎるー)

そこで、解決策として子供が大好きだった「索餅(さくべい)」という縄のように編んだ小麦のお菓子を供えたそうで…。

すると怒りは鎮まり、平穏な日々が続いたそうですよー。

それからというもの、索餅は1年間病気をせずに暮らせるということで、七夕の行事食になったそうです。

その「索餅」★

実はそうめんの原型では?と言われ、そうめんが七夕の行事食となったんですって★

索餅は、小麦粉を使った生地をねじって揚げて作る食べ物。

かりんとうの様なものですが、これとそうめんて?

という気もしないでもないですが…。

まー。そういう説があるというお話★

そうめん以外にも七夕に食べると縁起が良いもの

他にも七夕に食べると縁起が良いとされるもの★

オクラ

オクラは断面が星型ですよねー。

オクラ料理は七夕に食べると縁起が良いとされています。

星型のオクラを食べて、願いが天まで届くようにと祈るためなんだそうです★

オクラから出る粘り気のある汁は、栄養豊富

夏バテ防止にもなりますよ。

是非オクラ料理を取り入れてみては?

七夕ほうとう

長野県松本市では、「七夕ほうとう」というのがあるのだそう★

小麦粉で作った生地を茹でた後、きな粉やゴマ、小豆などで和えて作る食べ物。

小麦粉の収穫を祝って食べたことがきっかけなんですって。

ちょっとほうとう小豆かー。

お餅と同じような感じになるのかなー。

ちょっと食べてみたいですね★

七夕ほうとうは、織姫と彦星へのご馳走の食べ物として扱われているんですって。

しんこ団子

鹿児島県の「しんこ団子」★

上新粉や米粉を使って作る和菓子です。

奈良県では、この「しんこ団子」を七夕に食べるのだとかー。

しんこ団子は、先に述べたあの中国のお菓子「索餅」が姿を変えたものとされているそうで、索餅の代わりにしんこ団子ということですかねー。

七夕風に食べれば何でも良い

まー。

結果、七夕に食べる食べ物は、子供が喜ぶものが多く、何となく天の川をイメージできるものが人気のよう。

子供たちには不動の人気。

カレーライスオムライスでもOK★

ソースやカレーライスの具にカラフルなパプリカなどを散らして、天の川のようにかけたらほら、七夕料理★

行事食として人気なちらし寿司

もちろん七夕に食べたってOK。

ご家庭それぞれで、七夕メニューを楽しんでくださいね。

まとめ(イラスト)

いかがでしたか?

そうめんは七夕の行事食

ご存知でしたか?

なかなか索餅は手に入らないかもしれませんが、天の川をイメージしたゼリー寄せなどを楽しんだみるのもいいかもしれません。

素敵な七夕をお過ごしください★

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

ブログランキング参加しています♪
最新情報をチェックしよう!
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。